ご挨拶に書かせていただいている動機で、サラリーマンからおもちゃ屋になりました。

『お客様に喜んでもらいたい。2代に渡って当店を利用していただける店にするのが夢。その為には品揃えの充実に力を注ぎつつ集客を図らないといけない。』

集客の為に最初思い付くのが看板等と思います。看板を取り付ける事も検討しましたが、取り付け費用の高さに驚愕し未だに決断できていません。(今現在は、メーカーさんがくれた[のぼり]を利用し看板代わりにしたり、Excelで文字デザインを作りラミネート加工して吊り看板代わりにしたり、ブラックボード+手書きマーカーを出入口看板にしたりしています。)

看板以外で出来る集客といえば、ホームページとSNSですがこれも極力経費を抑え自前でなんとかやってます。(ここですね(;^ω^))
次に、商材絡みで出来る宣伝、この中に『メーカー公認イベント』があります。

2018年4月に開催した公認イベントは[ベイブレードバースト][ポケモンカードゲーム][バトルスピリッツ][遊戯王][デュエル・マスターズ][NOVA][ウィクロス][ヴァイスシュヴァルツ][ヴァンガード][バディファイト][ラブライブ!スクールアイドルコレクション]と全部で11種類です。これらを実施することでそれぞれの公式サイトで、「おもちゃのギブタで公認イベントを実施している」と表示してくれますので集客に役立つ販売促進策となります。

公認イベントに対する考え方は「当商品を扱ってくれてありがとう。もっと浸透させる為イベントもやってくれると嬉しいです。」「イベント実施したら景品送りますので参加者きっと増えますよ。商品購入を参加条件にしていただき利益の足しにしてくださいね。」「イベント実施していただくのには場所代・人件費・電気代等必要ですよね。頑張って魅力ある景品準備するので必ず参加費を貰って経費に充当してくださいね。」「無料イベントすることでたくさんお客さん来るでしょ?来たら当然誰もがお店の商品買ってくれますよね。いっぱい売れるんだから頑張って下さい。」「イベント実施はお客様に対するサービスであり当社の社会貢献の一部です!当商品を扱うことで販売店は普段から儲けているでしょうからイベントには無条件で誰でも参加できるようにしなさい!商品購入や参加費の支払いを義務付けたりしたら駄目です!」等、メーカーやタイトルによって様々ですが、実施する店の立場からすると掛かる経費は同じなのに条件がバラバラでは非常にやりにくいというのが本音です。

昭和高度経済成長期~平成はじめ頃までは「おもちゃ屋が無料の集客イベントしたら新品商品が飛ぶように売れた!」のではと思います。
商店は生き残りの為大きくなり量販店に成長、送料無料を旗印にインターネット通販が生活に溶け込み、スマホでなんでも調べられる時代になった今はどうでしょうか?(㊟競争に負け潰れた商店や駄菓子屋を目指す訳は後日書く?)

・新品は『ネット通販』『量販店』で極力安く購入!、中古の売買は『中古売買中心のショップやリサイクルショップ』『フリマアプリ』『ネットオークション』を巡り比べて一番得する場所で!
・公認景品入手は、無条件で参加できる『実店舗』!、

これが一番賢いやり方だと信じて実践している方、いらっしゃると思います。(㊟?と思う訳は後日書く?)

当店の在庫商品は殆どが新品ですので、誰もが上記を実践すると廃業は近いと思います。
1日でも長く続けたいので、他店とは違う『買いたくなる魅力ある品揃え』に努めると共に、
参加費が決められている場合を除き、当店でのイベントは下記に統一させていただいております。

・商品購入後のサービスとして公認イベントを実施しています。

・店内商品500円(小学生以下は300円)以上購入を基本的な参加条件とし、事前購入で予約できます。
(パック購入が最低条件となっているタイトルの場合、該当パック代は購入条件費用に含まれます。)

・参加費200円と決まっているブシロード公認イベント実施に伴い、他イベントも参加費200円(小学生以下は100円)でもご参加いただけます。

メーカーが[参加費無料]を謳っているイベントの場合でも実施に伴う奨励金収入等はございません。当店は公的施設でも 相乗効果で他業種収入が見込める量販店でもありませんので、テナント料や人件費等自店舗を維持する為の費用は店内商品の売り上げから生じる僅かな利益から賄う形となっています。参加者の皆様に楽しんでいただけるイベントをずっと続けたいので、当店のスタンスにご理解ご協力お願いいたします。

 

今回は壁のうちの一つ、イベント実施について書いてみましたが、弊害や各メーカーの思惑(あくまで推測)までは掘り下げる事はできませんでした。偏屈店長についても「クドイ!」位しか伝わってないかと思います。次回は「お客さまとは?」の切り口で書いてみようと思います。店名の由来と書くまで行ければ良いのにと思っていますが、きっとまた話が逸れると思います。

 

※文章が下手で、わかり難い点もあるかと思います。疑問点などありましたら、Twitterのダイレクトメッセージ等いただけると助かります。

 

一消費者の頃は意識しなかった公認イベントの仕組み1